ホリブログ

現役医学生によるガジェットレビュー!

MENU
【2022最新】厳選。iPadのおすすめアクセサリ33選
【2022】厳選。Macのおすすめアクセサリ28選
【2022最新】【大学生が解説】大学生におすすめのMacはどれ?各機種を比較!
【2022最新】【大学生が解説】大学生向け。パソコンのOS、CPU、メモリ、ストレージの選び方を解説

【大学生必見】Apple学割キャンペーン2022開始!お得にiPad・Macを買おう【割引価格表あり】

f:id:horifreedom:20220204220318p:plain

2月3日から4月18日まで、Apple Japanの公式サイトおよびApple Storeで2022年の学割・教員割引キャンペーン「新学期を始めよう 2022」が実施されます。

Mac購入で18000円、iPad購入で12000円のギフトカードが還元されるので、新しくiPad・Macを買いたい人はキャンペーン期間中に是非買いましょう!

 

そもそもどんな人が対象なの?

今回のキャンペーンは、大学生、高等専門学校および専門学校生、これらの学校に進学が決まった方、そのご両親、教育機関の教職員の方々などが対象です。

(購入する際に学生証などを提示する必要はありません。)

残念ながら、小学校、中学校、高校に通っている方は対象外なので注意してください。

 

どの機種が対象なの?

Macでは、MacBook Air、MacBook Pro(M1/M1 Pro/M1 Max)に加え、iMac(intel/Mac)、Mac mini、Mac Proが対象です。

(本記事ではiMac/Mac mini/Mac Proは取り扱いません。初めてPCを買うなら大学に持ち運ぶためにも必ずノートブックを買いましょう。

iPadでは、iPad Air(第4世代)、iPad Pro(M1)が対象です。

iPad第9世代、iPad miniは対象外なので注意してください。

 

各機種の特徴、割引価格などを紹介!

この記事では、各機種の通常価格、学割価格、ギフトカードの金額、実質価格に加えて、各機種の大まかな特徴、僕の大学(理系、医学部)でどのくらいの人が使っているのかについても掲載しているので、どの機種を買えば良いのか迷っている人は参考にしてください!

※学割対象でない方も各機種の特徴について記載してあるので良かったら読んでみてください。

 

 

 

MacBook Air(M1)

f:id:horifreedom:20220204203057p:plain

13.3インチ。M1チップ。物理ファンクションキー。1.29kg。最大18時間駆動。30W充電。

王道のMac。大半の大学生はとりあえずこれを買えば間違いない。

僕の大学でMac使っている人はほぼ全員MacBook Air。

MacBook Proよりも軽いのに、動画編集もサクサクこなせる万能型。

最安で実質85180円で買えるので超お得。

 

おすすめ構成

 

容量

メモリ

通常価格

学割価格

ギフトカード

実質価格

最小構成。授業でも快適に使える

256GB

8GB

115,280

103,180

18,000

85,180

動画編集にも挑戦したい人はコレ

512GB

16GB

142,780

130,680

18,000

112,680

 

MacBook Pro(M1)

f:id:horifreedom:20220204203108p:plain

13.3インチ。M1チップ。Touch Bar(ファンクションキーの部分がタッチディスプレイになったもの)。1.4kg。最大20時間駆動。61W充電。空冷ファン付き。

簡単に言うと、MacBook Air(M1)に空冷ファンをつけて、物理ファンクションキーをTouch Barに変えたのがMacBook Pro(M1) 。

Airと性能はほぼ同じだがAirより100g重い。

大学では先生で持っている人はいるけど学生ではあまりいない。

Airでは排熱が心配な人、動画編集をより快適に行いたい人は買うべき。

 

おすすめ構成

 

容量

メモリ

通常価格

学割価格

ギフトカード

実質価格

MacBook Proを最安で買いたい人

256GB

8GB

148,280

136,180

18,000

118,180

動画編集を快適にしたい人

512GB

16GB

192,280

177,980

18,000

159,980

 

 

MacBook Pro (M1 Pro/Max)

f:id:horifreedom:20220204203120p:plain

14.2/16.2インチ。M1 Pro/M1 Maxチップ。最大10コアCPU。最大32コアGPU。最大64GBメモリ。最大8TBストレージ。14.2インチモデルは最大17時間駆動/1.55cm/1.6kg、16.2インチモデルは最大21時間駆動/1.68cm/2.1kg。物理ファンクションキー。HDMIポートとSDXCカードスロット。最大140W充電。

スペックも価格もモンスター級なPC。怪物。

動画編集、3Dレンダリング、プログラミングをゴリッッッゴリにしたい人は買うべき。

ノートブックとしてはかなり重いので注意。

大半の大学生はスペックを持て余します。ちなみに大学で持っている人はほぼ見たことないです。

 

おすすめ構成(14インチ)

 

容量

メモリ

通常価格

学割価格

ギフトカード

実質価格

最小構成(8コアCPU、14コアGPU)

512GB

16GB

239,000

222,800

18,000

204,800

中間構成(10コアCPU、16コアGPU)

2TB

32GB

387,000

357,000

18,000

339,000

最強構成(10コアCPU、32コアGPU)

8TB

64GB

673,800

614,000

18,000

596,000

おすすめ構成(16インチ)

 

容量

メモリ

通常価格

学割価格

ギフトカード

実質価格

最小構成(10コアCPU、16コアGPU)

512GB

16GB

299,800

277,800

18,000

259,800

中間構成(10コアCPU、24コアGPU)

2TB

32GB

431,800

398,800

18,000

380,000

最強構成(10コアCPU、32コアGPU)

8TB

64GB

705,800

641,200

18,000

623,200

 

 

iPad Air

f:id:horifreedom:20220204203131p:plain

f:id:horifreedom:20220204203141p:plain

10.9インチ。A14 Bionicチップ。64GB/256GB。シングルカメラ。USB-Cコネクタ。Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioに対応。6.1mm。Wi-Fiモデルは458g。最大10時間。スピーカーは片側に2つ。Touch ID。Face ID非対応。

コスパ最強のiPad。大学でiPad使っている人の3割くらいがこれ。

ノートアプリはもちろん、軽い動画編集もサクサクこなせる。

Touch IDに対応しているのが最大の強み。

リフレッシュレートが60Hzであることに注意。(iPad Proより画面がカクカク動く)

5色のカラーがあります。カラフルなiPadが欲しい人はコレ。(iPad Proは2色のみ)

保存容量は64GBではなく256GBをおすすめします。レジュメやノートに加えNetflixやYoutubeなどを入れていると余裕で64GB超えます。大学生活の間ずっと使いたいなら256GB。

 

おすすめ構成

 

容量

メモリ

通常価格

学割価格

ギフトカード

実質価格

最安。保存内容は厳選する必要あり

64GB

4GB

69,080

63,580

12,000

51,580

安心の容量多め。

256GB

4GB

87,780

82,280

12,000

70,280

 

 

iPad Pro

f:id:horifreedom:20220204203152p:plain

11/12.9インチ。M1チップ。128GB~2TBストレージ。8GB/16GBメモリ。デュアルカメラ+LiDARスキャナ。Thunderbolt/USB 4対応のUSB-Cコネクタ。Cellularモデルは5G。11インチは5.9mm/466g、12.9インチは6.4mm/682g。120Hzのリフレッシュレート。(iPad Airより画面が2倍ヌルヌル動く)12.9インチのディスプレイはLiquid Retina XDRディスプレイ(めちゃくちゃ綺麗)。Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioに対応。スピーカーは両側に2つずつ、合計4つ。Face IDTouch ID非対応。

簡単にいうとiPad Airの画面を綺麗でヌルヌルに、チップをM1に、スピーカーを4つにしたのがiPad Pro。

動画編集も難なく行えるほどのハイスペックマシン。iPad Airよりも高速。

大学では4割の人がiPad Pro。iPad Proのうち6割が11インチ、4割が12.9インチ。(筆者は11インチを使用しています)

持ち運びしやすくて勉強にも遊びにも使いたいなら11インチ、重くてデカくてもいいから勉強や動画編集にゴリゴリ使いたい人は12.9インチ。

128GBはある程度アプリを絞る必要があるので注意。おすすめは256GB。動画編集をiPadでより快適に行いたいならメモリ16GB、容量1TBのものがおすすめ。(容量1TB以上を選択しないとメモリは16GBになりません。ご注意を)

Touch ID(指紋認証)ではなくFace ID(顔認証)なのも注意。

 

おすすめ構成(11インチ)

 

容量

メモリ

通常価格

学割価格

ギフトカード

実質価格

最安。保存内容は選ぶ必要あり

128GB

8GB

94,800

88,800

12,000

76,800

安心の容量多め。(おすすめ構成)

256GB

8GB

106,800

100,800

12,000

88,800

動画編集をより快適にしたい人はコレ

1TB

16GB

178,800

166,800

12,000

154,800

おすすめ構成(12.9インチ)

 

容量

メモリ

通常価格

学割価格

ギフトカード

実質価格

最安。保存内容は選ぶ必要あり

128GB

8GB

129,800

117,800

12,000

105,800

安心の容量多め。(おすすめ構成)

256GB

8GB

141,800

129,800

12,000

117,800

動画編集をより快適にしたい人はコレ

1TB

16GB

213,800

201,800

12,000

189,800

 

最後に

最後になりますが、Mac、iPadは長い大学生活を共にするデバイスです。大学生活での学びが、将来の成功の有無を大きく左右します。Mac、iPadにはお金をケチらず投資だと思って、いいやつを買いましょう。

ぜひ大学生活楽しんでください!これで失礼します。

 

↓Amazonで買いたい人はこちら(Amazonで買う場合、学割は適用されません)