ホリブログ

現役医学生によるガジェットレビュー!

MENU
【2022最新】厳選。iPadのおすすめアクセサリ33選
【2022】厳選。Macのおすすめアクセサリ28選
【2022最新】【大学生が解説】大学生におすすめのMacはどれ?各機種を比較!
【2022最新】【大学生が解説】大学生向け。パソコンのOS、CPU、メモリ、ストレージの選び方を解説

【スペック比較】MacBook Airを買うならM1とM2、どっちがおすすめ?

WWDC 2022にて、MacBook Air M2モデルが発表されました。

MacBookを買いたいけど、M1モデルとM2モデル、どっちを買おう・・・。

そのような方向けに、今回はM1モデルとM2モデルを徹底比較していきます!

 

 

 

1.デザイン

 

M2モデルはM1モデルから大幅にデザインが変更されました。先端に向かって細くなっていく「くさび形」デザインから、直線的な「箱型」のデザインに変更されました。

 

カラーバリエーションにも変化が。M2モデルの「スターライト」は、同系色であるM1モデルの「ゴールド」から、色味が抑えられ大人の雰囲気に近づきました。

さらに、M2モデルでは「ミッドナイト」と呼ばれる、やや青みのある深いグレーが追加されました。

 

キーボードのファンクションキーも、M2モデルではフルハイトになり、より打ちやすくなりました。Touch IDもより大きくなり、使い勝手が向上しました。

 

さらに、M2モデルでは磁石式のMagSafeと呼ばれる充電専用のポートが追加され、より簡単に充電することができるように。ケーブル部分は本体のカラーと統一されています。

 

スピーカーにも変更点が。M1モデルではステレオスピーカーだったのに対し、M2モデルでは4スピーカーになり、空間オーディオに対応しました。より奥行き感のあるサウンドを求めるならM2モデルがおすすめです。

 

一番目を引くのはディスプレイの切り欠き部分。M2モデルでは画面をより広くするためにカメラを搭載するための切り欠きが設けられました。ここは正直人によって好みが分かれますね。ちなみに搭載しているインカメラは720pから1080pに向上しています。

 

 

2.大きさ、重量

 

M2モデルでは、M1モデルよりもさらに薄く、軽量化されました。薄さは最大約4.8mm薄くなり、重量は約50g軽量化されました。

ただし、奥行きはM1モデルよりも約2.6mm大きくなっていることに注意しましょう。

 

 

3.ディスプレイ

 

M2モデルのディスプレイは、さらに大きく、明るくなりました。M2モデルでは画面に切り欠きを設けることにより、ディスプレイサイズを13.3インチから13.6インチにアップ。さらに、明るさも400ニトから500ニトにアップしています。

 

 

4.チップ

 

M2チップは、M1チップよりもさらに高性能になりました。

演算処理を担うCPUは、コア数は8コアのまま変わりませんが、M1よりも最大18%高速に。

グラフィック処理を行うGPUは、7/8コアから8/10コアに変更され、最大35%高速に。

メモリは、8/16GBから、8/16/24GBに変更され、メモリ帯域幅が50%広くなり、より多くの作業を同時に行えるようになりました。

さらに、M2では新たに「メディアエンジン」を搭載。さらに多くのProResビデオを編集できます。

Neural Engine(機械学習に関わります)については、16コアのまま変更はありません。

全体として、M1チップはM2チップよりも最大1.4倍の高速化を果たしました。

 

このようにM2はM1からさらに性能をのばしましたが、M1でも既に4Kビデオを編集できるほど高性能でした。

動画鑑賞やメール作成など、簡単な作業を行うのであれば、そこまで違いを感じることはないでしょう。

 

 

5.価格

 

一番考慮すべきなのが価格。主要なモデルの価格を簡単にまとめました。円安の影響により、現在Macは総じて価格が値上げされています。M1モデルが134,800円(税込)から購入可能であるのに対し、M2モデルは164,800円からとかなりお高めです。

※Apple StoreではM1 MacBook AirのGPU8コアモデルは取り扱いが終了したようです。

 

 

変わらない点もある

 

 

逆に、M1モデルとM2モデルとで変わらない点もあります。

まず1つ目は拡張性。M1モデルもM2モデルも、Thunderbolt/USB 4ポートを2個搭載しています。モニター出力は1台のままです。できれば2台に増えてほしかった。

2つ目はバッテリー駆動時間。M1モデルもM2モデルも、バッテリー駆動時間は最大18時間とされています。

 

 

変更点、同じ点のまとめ

 

ここまで多くの変更点や同じ点を紹介してきました。今までの話をざっくりまとめると、こんな感じ。

 

 

まとめ:結局どっちがおすすめ?

 

結論を言いますが、M2モデルの新しいデザインや機能性に惹かれない限り、M1モデルがおすすめです。

たしかにM2モデルはよりスリムな見た目になり、性能も向上しましたが、M1モデルもデザインが美しく、4Kビデオも編集できるほどの高い性能を持っています。

Airを購入する方の多くは、日常的な作業がサクサク行えて、かつ安くて高品質なPCを求めている方だと思います。

そのような場合、M2モデルの16万円からという価格は少々高すぎます。M1との差額にあと少し足せばiPadが買えてしまいます。

ということで、多くの方にはM1モデルの購入をおすすめします!

 

余談:筆者はM2モデルを購入します。

 

先ほど多くの方にはM1モデルがおすすめだという話をしましたが、それでも筆者はM2モデルを購入します。

理由は至極単純、M2モデルの直方体デザイン、そして新色の「ミッドナイト」に心が惹かれたから。そしてやっぱり、Apple製品を買う時には新製品にこだわりたいというこだわりもあります。

ミッドナイトのMacは、恐らくMacBook史上初の「黒いMacBook」といえるのではないでしょうか。予約注文開始が待ち遠しいです。

早く来い!黒いMac!!

(M2 MacBook Airが届いたら、レビュー記事を上げる予定です。その時はまたよろしくお願いします。)

 

余談2:M1モデルを買うなら値上がりする前に早めに買いましょう。

 

もしM1モデルを購入する予定なら、早めに買うのがおすすめです。

円安の影響はApple Storeのみならず、Amazonや楽天にも及んでいます。

半導体不足も依然として解消されておらず、今後さらにMacBookの価格が上がることも考えられます。

MacBook Airが値上がり前の価格で販売されていることもあるので、M1モデルを買いたい人は早めにAmazonか楽天で買いましょう!!

 

Amazon:https://amzn.to/3O7R8oC

楽天:https://a.r10.to/hMRE0S

 

 

 

 

 

関連記事