ホリブログ

現役医学生によるガジェットレビュー!

MENU
【2022最新】厳選。iPadのおすすめアクセサリ33選
【2022】厳選。Macのおすすめアクセサリ28選
【2022最新】【大学生が解説】大学生におすすめのMacはどれ?各機種を比較!
【2022最新】【大学生が解説】大学生向け。パソコンのOS、CPU、メモリ、ストレージの選び方を解説

【最新】現役大学生が解説。大学生でも買えるおすすめの中古車19選

大学生になったから中古車を買いたいけど、どれを買えばいいのかわからない・・・

今回の記事ではそのような方に、現役大学生である僕がおすすめする中古車を紹介します!

まずおすすめの中古車を一気に紹介し、中古車の選び方を解説して行きます。

 

 

 

はじめに:この記事で紹介するおすすめの車種は以下の条件で選びました。

まずは、この記事で紹介する車種はどのような条件で選ばれたのかをここに書いておきます。特に大学生が中古車を購入することを念頭に条件を設定しました。

条件1:国産車であり、故障しにくい

条件2:10年以内に発売されたモデルである

条件3:大学生でも比較的購入しやすい価格帯である

条件4:大学生に人気があり、知名度が高いモデルである

条件5:デザインが洗練されており、古臭くない

この5つの条件でおすすめ車種を選定しました。「この車種が書いてないよー!」という場合は、もしかしたらこの条件のどれかを満たしてないかもしれません。満たしているのに載ってない場合はコメント欄によろしくお願いします。

 

 

軽自動車のおすすめ車種

 

ホンダ N-BOX

日本で最も売れている軽自動車。迷ったらこの一台。

N-BOXは軽自動車の2022年販売台数トップを誇る、名実ともに日本一の軽自動車です。幅広いモデル・グレードが用意されており、予算や好みに合わせて選択することができます。車体はトールワゴン型となっており、広々とした室内となっています。

安全運転システム「Honda SENSING」が標準搭載されており、運転に不慣れであっても安心です。運転席の視点も高いので運転しやすいと思います。

軽自動車で迷ったらこの一台がおすすめです。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

スズキ ハスラー

SUVのようなアウトドア系のスタイリング。ガンガン積めてドンドン走れる。

軽自動車でも、高い走破性と広い車内空間を持つのがこのハスラーです。見た目が非常にポップで個性があり、大学生からも好感が高いです。

後席だけでなく前席も倒すことができるので荷物をガンガン積めることができます。街中だけでなく、急な坂道や砂利道も難なく走行できるのが魅力。燃費もモデルによっては最大25km/Lと低燃費を実現。

よく旅行に行きたいならこの一台がおすすめです。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

 

スズキ アルトラパン(3代目)

おしゃれ路線の軽自動車。女性人気が非常に高いです。

商品企画の時点で女性向けに企画された、とにかく可愛い車。ルーフライニングのキルト模様や、隠れウサギのシルエットなど、至る所に意匠が施されています。個人的には軽自動車でいちばんお洒落だと思っています。デザイン的に2015年以降の3代目モデルがおすすめ。

実用性も抜群で、収納ボックスや小物トレーなど、色々な小物が収納可能。フロントガラスはUVやIRをカットしてくれるので、日焼け防止にもなります。燃費も26km/Lと低燃費を実現。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

コンパクトカーのおすすめ車種

 

トヨタ アクア(初代)

コスパ最強のコンパクトカー。僕の大学では一番買われている車種です。

ハイブリッド専用車として開発されたコンパクトカー。いわば低燃費の代表格であるプリウスのちっちゃい版。うまくエコ運転すれば30km/L以上も可能。さらに最大5人まで乗車可能。荷室もそこそこの広さです。コスパの高さから非常に人気な車種となっています。僕の大学では一番持っている人が多いです。

アクアはとにかく台数が多いので、中古車も買いやすい価格になっているのが大きな魅力。そこそこパワフルな走り&低価格&低燃費という3トリオ。そりゃ一番の人気車種になります。

ちなみにアクアは2021年にフルモデルチェンジされた2代目が出たのですが、ぶっちゃけ外装のデザインがダサくて大学生には不評なので、初代がおすすめです。安いし。初代の中でもマイナーチェンジによってデザインが多少異なっているので、いろんな年式のものを探した方がいいかも。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

ニッサン ノート e-POWER(3代目)

3代目で激的進化したクルマ。出来が良すぎて日本カーオブザイヤーも受賞しました。

エンジンを発電専用とし、モーターだけで駆動することで、大きな駆動力と低燃費を実現したのがe-POWERというシステム。初めてe-POWERを搭載した2代目はモッサリしたデザインで正直ダサい車でしたが、2022年にフルモデルチェンジされた3代目は劇的にカッコよくなりました。圧倒的にカッコよくなっただけでなく、走行性能も段違い。駆動力、静粛性、操舵性、全てにおいて完全に進化しました。

初めは2代目もおすすめ中古車として紹介しようか迷いましたが、3代目の方があらゆる点において圧倒的に勝っているので、3代目の方をおすすめしたいと思います。日本カーオブザイヤーを受賞している時点で車の出来の良さは証明されたようなものです。2020年に発売されたばかりなので中古車はちょっと高価かもしれないですが、間違いなく買う価値はあります。個人的にはコンパクトカーの中で一番おすすめです。

※追記

2023年12月にマイナーチェンジモデルが発表されたので、前よりお求めやすくなっているかもしれません。個人的にはマイナーチェンジ前のデザインの方が好みです。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

 

マツダ MAZDA2

安くても質感高いコンパクトカー。高級感で他の人と差をつけたい人に。

コンパクトカーでも高級感がある車が欲しい!という方はMAZDA2がおすすめ。すっきりしたデザインと質感の高さで他のコンパクトカーとは一線を画します。ミッションはマニュアルとオートマチックから選択可能。オートマチック車でもマニュアルモードを搭載しており、MTのようなシフト操作を楽しむことができます。さらにエンジンも選ぶことができて、通常のガソリンエンジンと軽快な走りを楽しめるディーゼルエンジンのどちらかを選択可能。価格以上の質感、走る楽しさを得ることができると思います。僕も購入するか非常に迷いました。

MAZDA2はつい最近マイナーチェンジされましたが、フロントがあまりカッコよくないので、2022年以前のMAZDA2がおすすめ。またデザインが多少変わりますが、基本設計や走行性能にほぼ変わりがない2014年以降の4代目デミオもおすすめ。デミオがマイナーチェンジされて改名されたのがMAZDA2です。デミオはMAZDA2よりも古いのでさらに安く購入できます。

MAZDA2の中古車情報はこちら(ガリバー)

デミオの中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

 

 

ハッチバック/ワゴンのおすすめ車種

 

トヨタ プリウス(4代目)

エコカーの代名詞。僕はこの機種を購入しました。

エコカーを世界に知らしめたトヨタ屈指のハイブリッド専用車。有名すぎて名前を知らない人の方が珍しいかも。燃費は27~32km/Lと低燃費を達成。うまくエコ運転すれば35km/L以上も可能。TNGAというプラットフォームを初めて採用した車で、走行性能、走りの質が非常に良いです。車体が大きいのでアクアよりも車内空間が広く、社会人になってからも使い続けられる一台です。

デザインは年式によって2通りあり、マイナーチェンジ前(2014~2018)のデザインとマイナーチェンジ後(2018~)のデザインがあります。

ちなみについこの前フルモデルチェンジされて5代目が発売されましたが、人気すぎて納期が2年くらいあるので、4代目を購入しましょう。2009年に発売された3代目は4代目よりさらに安いですが、年代的に流石に古すぎて現行車種より性能が低すぎるので、4代目がおすすめ。

※プリウスは正確にはセダンタイプに分類されていますが、荷室が独立していないので使い勝手的にハッチバックに分類しました。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

スバル インプレッサスポーツ

走行性能、安全性能にこだわるならこの一台。

安全性能と走行性能が高いのがスバル車の特徴。そしてインプレッサはスバル車の中でも比較的安価に購入することができます。インプレッサスポーツはアイサイトを搭載しているので衝突事故のリスクを極限まで減らすことができます。車の剛性感も高く、万が一の事故の時も安心です。

また水平対向エンジンを搭載しているので慣性力のブレが少なく高い走行性能を実現しています。ちなみに水平対向エンジンを積んでいるのはスバルとポルシェだけ。(あとはトヨタ86くらい。86はスバルとの共同開発なので)燃費はちょっと悪いですが、高い走行性能とスバル車の独特な魅力に入り込みたいならまずこのクルマがおすすめ。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

マツダ MAZDA3 ファストバック

日本車屈指の美しいクルマ。まるで外車のような高級感。

外車が欲しいけど、高いし壊れやすいしなあ…と思っている方には、このMAZDA3がおすすめ。外車よりもはるかに安いのに、高級感では全く引けを取りません。マツダの哲学である「引き算の美学」によりクルマのフォルムから不要な要素を削ぎ落し、ボディの光のうつろいを引き出すことで、独自の美しい造形をつくっています。デザイン性の高さが世界に認められ、2020年にはワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

多様なグレードが用意され、ミッションの種類(MT/AT)、エンジンの種類(ガソリン/ディーゼル、排気量1.5L/2.0L)も選択することができます。オートマチック車もマニュアルモードを搭載しており、MTのようなシフト操作を楽しむことができます。走る楽しさを味わえるクルマ、そして美しいクルマが欲しいなら、MAZDA3がおすすめです。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

スバル レヴォーグ

社会人でも憧れるクルマ。大学生で持っている人いたら羨ましいです。

個人的に激推しな一台。スバルでは最も人気な車種となっています。エンジンは新開発の1.8L水平対向4気筒直噴ターボを搭載。トランスミッションは8速マニュアルモード付きのCVT。(MT好きには惜しいポイントかも。)もちろんアイサイトは全車に標準装備。ワゴンなのでたくさんの荷物を積むことができます。走りにこだわるなら「STiスポーツ」というグレードがおすすめ。安全性よし、走行性能よし、使い勝手よし、デザインよしの非常に優れたクルマ。唯一の弱点は燃費の悪さと車両価格の高さ。

大学生でこれ持ってる人いたらかなり羨ましいです。レヴォーグは元々かっこいいクルマでしたが、2020年にフルモデルチェンジされてさらにめちゃくちゃカッコよくなりました。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

スポーツカー・オープンカーのおすすめ車種

 

スズキ スイフトスポーツ

格安で買える貴重な6MTスポーツハッチバック。

スイフトの走行性能をより高めたのがこのスイフトスポーツ。新車でも200万前後で購入できるのが大きな魅力です。エンジンは1.4L直ターボで、6ATか6MTかを選べます。(今の時代、この価格でMTを選べるのは非常に貴重です。)

970kgという軽量ボディにターボエンジンが組み合わさることにより、大きな加速力を味わえます。ハンドリングも軽快でボディ剛性も高いので、サーキットに挑戦してみたいけど、できるだけ費用を抑えたいという方はこのクルマがおすすめかも。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

トヨタ 86(初代)

ドライバーを育てるFRスポーツカー。運転技術を高めたいならこの一台。

漫画「頭文字D」で一躍大人気となった1983年発売のAE86。スバルとトヨタが共同開発を行い、「若者でも買えるように」という思いをこめて、AE86を現代に復活させたのが、この初代86です。初代86は最近の「MFゴースト」というアニメでも、主人公が乗る車として登場します。

高い走行性能と高出力を実現。最高出力は206ps。そして駆動方式はFR。6MTも選択可能。走る楽しさを存分に味わえます。カスタムパーツも豊富にあるので、慣れてきたらカスタムすることも可能。将来ハイパワーなクルマを買いたいなら、まずこの車でドラテクを学んでからの方がいいと思います。

現在販売されている最新の2代目86は流石に高価なので無理ですが、初代86なら中古車の流通台数も多いので大学生でも頑張ればギリギリ狙える価格帯だと思います。

ちなみに初代86は2016年にマイナーチェンジがなされ、フロントデザインがシャープなスタイルに変更され、MTでは出力が7psアップしました。好みが分かれると思うので好きな方を買いましょう。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

マツダ ロードスター

人気車種ですがぶっちゃけ僕は正直好きじゃないです。

マツダ屈指の名車と言われている大人気の現行ロードスター。オープンカーの中でも比較的安く買えるのが魅力です。しかし僕はなぜかこのデザインが好きではありません。世間的にはデザインが良い車としてとても人気で、おすすめの車種として必ず挙がるクルマなので一応載せました。好きな人は買ってください。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

 

 

SUVのおすすめ車種

 

MAZDA CX-3

安いのに質感が高いコンパクトSUV。

デミオ(MAZDA2)のプラットフォームを利用してSUV化したのがCX-3。200万円台から購入できる車種とは思えないスタイリッシュな外観、高級感のある内装が魅力的です。パワートレインは排気量、ガソリン/ディーゼルの違いにより4種類から選択可能。ミッションもAT、MTのどちらかを選べます。様々なグレードが用意されており、自分の好みに合った内装を見つけることができます。SUVが欲しいけど予算がちょっとなあ・・・という方は、ぜひCX-3がおすすめです。これだけの質感・スペックでこの低価格を実現している車種はなかなかないです。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

トヨタ ヤリスクロス

低燃費、デザインが魅力の都会派SUV。僕の大学ではSUVの中で一番買われているかも。

ヤリスをSUV化したのがヤリスクロス。すっきりとしたエクステリアデザインが魅力で、大学生にも人気があります。安全機能が充実しており、初心者ドライバーでも安心して運転可能。おすすめはハイブリッドシステムを搭載したモデル。大抵のSUVは燃費が悪くなりがちですが、ハイブリッドにより最大約31km/Lの低燃費を実現。気兼ねなく長距離を運転することができます。

現行モデルは2020年に発売されたばかりなので中古車は175万円〜と高価ですが、年式が新しく燃費もいいので長い目で見ればコスパの良い車種です。

中古車検索はこちら(ガリバー)

 

 

トヨタ RAV4(現行)

密かに若者の間で人気が上昇。無骨な見た目が魅力の本格派SUV。

将来買いたい憧れのクルマとして必ず挙がるのがこのクルマ。SUVらしい無骨な見た目が魅力的で、デザインに一目惚れして買ったという人もたくさん聞きます。

デザインだけでなく走行性能もホンモノ。4WDのガソリン車ならリアタイヤの左右トルク配分の独立制御システムである「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を搭載し、どんな悪路も走破します。2WD走行時にはリアの駆動をオフにして燃費を向上させることができ、燃費が悪くなりがちな本格派SUVでも燃費改善を図ることが可能。

デザイン的に現行モデルがおすすめ。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

ホンダ ヴェゼル(2代目)

 

クリーンな見た目が好印象のラグジュアリーSUV。2代目で一気にカッコよくなりました。

いい意味で他のホンダの車とは雰囲気が違う、洗練された見た目が魅力的なヴェゼル。徹底されたシンプルなデザインとクーペのようなフォルムを実現し、都会にもよくなじみます。「e:HEV」を搭載したハイブリッドモデルなら燃費良く走ることができます。初代は他のホンダ車とあまり見た目が変わらずパッとしない感じでしたが、2代目で一気にカッコよくなったので2代目がおすすめです。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

MAZDA CX-5(2代目)

外車にも引けを取らない高級感。マツダのベストセラー。

マツダの利益の約3割を占めていると言われるほど人気なのがこのCX-5。都会派SUVの代表格と言っても過言ではなく、エクステリアの「鼓動」デザイン、シンプルで上品なインテリアは、外車にも匹敵する高級感があります。エンジンはガソリンかディーゼル、駆動方式はFFか4WD、ミッションは6MTか6ATと、様々な選択肢があります。2021年には大幅改良がなされており、車両サイズの変更、フロントマスクの意匠の変更、オフロードモードの追加などがされました。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

ミニバンのおすすめ車種

 

ニッサン セレナ(5代目)

定番ファミリーカー。e-POWERなら低燃費。

レジャーや旅行によく行くなら、ミニバンがおすすめ。そしてそのミニバンの中でもおすすめなのがこのセレナです。乗車人数は7/8人。ミニバンの中ではミディアムサイズでありながら、荷室の広さはトップクラス。e-POWERならスムーズに加速することができ、燃費も最大18.0km/Lと低燃費を実現。車両価格もミニバンの中では比較的安く、経済的な一台です。最近6代目が発表されましたが、高価なので5代目がおすすめ。

中古車情報はこちら(ガリバー)

 

 

 

 

中古車を買う前に:大前提ですがまずは運転免許を取得しましょう。合宿免許なら楽しく、短期間で、しかも安く運転免許を取得できます。

人気車種の紹介の前に、まずは「運転免許を取得するなら合宿免許がおすすめだよ」ってことを伝えておきます。

僕は合宿免許ではなく、普通に地元の教習所に通う形で免許を取得しました。しかし普通に教習所に通うと、教習所は忙しいのでなかなか授業を受けさせてもらえず、免許を取得するのに一か月以上かかってしまいました。

それと比較すると、合宿免許なら最短14日間で免許を取得できるうえ、教習所の立地によっては観光をすることもできます。免許合宿に行った友達の話を聞いたところ、旅行感覚で教習所に通うことができたと言っており、とても羨ましかったです。

さらに、合宿免許なら普通に免許を取るより費用を安くすることができます。普通に免許を取ると25~35万円くらいかかりますが、合宿免許なら交通費や宿泊費も込みで20万円台で免許を取得することができます。

どうせ免許を取得するなら、楽しく安く免許を取得できたほうが絶対に得です。なので免許を取得するなら免許合宿で免許を取ることをおすすめします。

 

おすすめの免許合宿サイト①:合宿免許のマイライセンス

免許合宿の予約ならとりあえずこのサイトが一番おすすめです。

地域ごとにおすすめの教習所がまとまっており、自分の好みの教習所を簡単に探すことができます。しかも情報量が他のサイトに比べて多いです。

分割ローンも利用でき、入校21日前までならキャンセル料金が無料となっているので安心です。

さらに最低価格が約束されており、他のサイトより高かった場合なんと返金対応を受けられるそうです。(詳しいことは公式サイトで確認をお願いします)

公式サイトはこちらのリンクからどうぞ

おすすめの免許合宿サイト②:合宿免許ドリーム

厳選された教習所から選びたいならこのサイトが一番おすすめです。

「食べ物が美味しいところ」「駅が近いところ」など、自分の好みの教習所を簡単に探すことができます。ただし教習所情報は「合宿免許のマイライセンス」より少ないようです。

こちらも最低価格が約束されており、他のサイトより高かった場合は最低価格で紹介してくれるそうです。(詳しいことは公式サイトで確認をお願いします)

公式サイトはこちらのリンクからどうぞ

 

 

 

中古車を選ぶポイントについて5つ解説します。

 

ポイント①そもそも大学生は新車より中古車を買ったほうがいい

車を買うときにまず悩むのが、「車買うなら新車か中古車か」という問題。

結論、大学生は新車よりも中古車を購入したほうがいいです。

理由は大きく分けて3つあります。

一つ目は「中古車は新車より安いことが多いから」です。ほとんどの大学生は新車を購入できるほどお金がないと思います。中古車なら割といい状態(割と良い状態とは???と思った方、後で解説します。)でも新車の価格の3分の2くらいで買えることが多い(車の状態が悪ければもっと安くなります)ので、大学生は中古車を買うのがおすすめです。(例えば僕は新車価格で300万円くらいするプリウスを200万でゲットしました。僕の友達の中には新車価格で200万円くらいするアクアを100万でゲットした人もいます)さらに大概の中古車は車検代が切れてないので車検代もケチることができます。(普通は車検で10万前後飛びます)

二つ目は「ぶっちゃけ大学生は車をこすって傷つけちゃうことが多いから」です。僕の同級生の2割か3割くらいは大体車を一回はこすっています。新車をこすったら精神的にかなりきついと思います。(新車をこすった僕の友達はしばらく沈んでいました)中古車をこすったときのほうがまだ精神的に楽なので、中古車を買うほうがおすすめです。

三つめは「新車は納期が長いから」です。最近は半導体不足のせいで新車の納期が異常に長くなっています。例えばこの前発表された新型プリウスは納期が一年半くらいあります。新車を待っている間に大学生生活の大半が終わってしまうこともあり得るので、即納車される中古車の方が絶対おすすめです。

 

 

ポイント②中古車は外車ではなく国産車を購入した方がいい

「中古車を購入したいけど、国産車か外車か迷う・・・」という人も多いと思います。結論、中古車は外車ではなく国産車を買いましょう。(マジで!!!)

理由はたった一つ、「中古車の外車は壊れやすいから」です。ガリバーなどでベンツの中古車を見てみると、車両価格が非常に安く設定されています。それは単純に外車が壊れやすいからです。外車は日本車よりも壊れやすくなっています。例えばエンジンが壊れると修理費は少なくとも100万円以上はします。いろんな箇所が壊れて修理するたびに、修理費がどえらいことになってしまいます・・・

車両価格が安いからといって安易に外車の中古車を買うのはやめておきましょう。のちのち修理費でお財布が破綻します。

 

 

ポイント③大学生の中ではSUV、コンパクトカーがダントツで人気。軽自動車やセダン、ミニバン、スポーツカーは大学生に嫌がられる

車の形状(ボディタイプにはいろいろありますが、現状、大学生の中ではSUV、コンパクトカーがダントツで人気となっています。(モテるという意味で人気なのがSUV、よく買われるという意味で人気なのがコンパクトカーです。)

 

SUVが人気な理由はいろいろありますが、「車がデカくてカッコいいから」「車内が広くてたくさんの荷物や人が入るから」「車高が高くて乗り込みやすいから」などが主な理由です。大学生になると部活や旅行などで車を使う機会が多くなります。その時に人や荷物がたくさん入ると非常に便利です。(割と価格が高めなので実際にSUVを持っている人は少なめですが、人気度で言えばダントツで1位です。)

 

またコンパクトカーも非常に人気が高いです。理由は「比較的安いから」「車のサイズが比較的小さく取り回しがききやすいから」「燃費が良い車種が多いから」などがあります。お金があまりない大学生にとっては、燃費が良く車両価格が安いコンパクトカーはねらい目だと思います。(僕の大学の中ではコンパクトカーを買っている人が最も多いです。中古ならかなり安く買えるので。)

 

逆に軽自動車やセダン、ミニバン、クーペ(スポーツカー)は割とけっこう大学生に嫌がられることが多いです。周囲の目が気になるなら基本的に購入は避けたほうがいいでしょう。

理由を羅列すると、軽自動車は「安っぽく見えるから」。セダンは「トランクが独立していて荷物がほとんど載せられないから」。ミニバンは「おっさんが乗っているイメージがあるから」。スポーツカーは「周りの目が恥ずかしいから」「人がほとんど乗れないから」。という感じです。

でもぶっちゃけ、車は自分が満足すれば何を買ってもいいと思います。例えば軽自動車でもスズキのハスラーとかは個人的にお洒落だと思いますし、ミニバンはスキーの時に大活躍ですし、スポーツカーは乗っている人いたら普通に助手席に乗せてほしいです(笑)。要は他人の目を気にせず、好きな車を買うのが一番いいと思います。他人が「えー」と言っても自分が満足すればそれでよし!!

 

 

ポイント④車の条件は走行距離5万キロ以下、経過年数は7年以下、修復歴なし、禁煙車で絞り込めば、「割と良い状態」の中古車が見つかります。

前の説明で「中古車なら割と良い状態でも、新車の価格の3分の2くらいで買える」と言いましたが、僕が言っている「割と良い状態の中古車」とは、走行距離5万キロ以下、経過年数7年以下、修復歴なし、禁煙車の条件を満たした中古車のことを指しています。いろんな中古車を見た結果、この条件を満たしていれば「うわ!中古感ある!」とはならず、ある程度長く乗れる状態であることがわかりました。(もちろん新車の方がいいですけどね。)

それぞれのパラメーターが車にどんな影響を与えるかについては、上の図にまとめておきました。どれか一つでも条件から外れると、中古感が大きく増していくことがわかったので、できるだけこの条件で絞り込んだ方がいいです。

ちなみに新車に近い中古車が欲しいなら、走行距離3万キロ以下、経過年数5年以下、修復歴なし、禁煙車の条件で絞ってみましょう。僕はこの条件を満たしたプリウス(走行距離3万キロ、経過年数5年、修復歴・喫煙なし)を購入しましたが、多少の傷があるだけでマジで新車とほぼ変わりませんでした。しかも価格は3分の2で200万円。超お得。

 

 

ポイント⑤:中古車を買うならガリバーがおすすめです。全国の中古車情報が網羅されています。

正直中古車販売店に直接行っても、自分好みの車がドンピシャで見つかることはほぼ無理です。なのでまず中古車販売サイトで調べてから、好みの中古車を選んで購入することをお勧めします。お勧めのサイトはガリバーというサイトです。(有名なので一度は聞いたことがあるはず)(僕はこれで中古車を探しました。)

ガリバーなら何十万件もの全国の中古車情報が網羅されており、自分好みの車を見つけることができます。写真も一台一台詳細に掲載されています。WEB相談もできるので車の知識に疎くても安心です。車の状態に満足できなくても一定期間内なら返金対応を受けることができます。

お勧めの車の選び方は、ご提案サービスのところに欲しい車とその状態を書き込んで、ガリバーのスタッフさんにベストな車を探してもらう方法です。車探しはガリバーのスタッフさんがやってくれるのでめちゃくちゃ楽です。ご提案サービスなら未公開車両も提示してくれるので中古車が手に入りにくい今でも手に入りやすいと思います。

(僕は一度カーセンサーという別のサイトで自力で探すことに挑戦しましたが普通に無理ゲーでした。しんどすぎるので自力で探すのはほんとやめといた方がいいです)

↓下のリンクからご提案サービスの説明ページに飛べます。とりあえず読んでみてください

【中古車のガリバー】中古車購入

 

 

 

関連記事はこちら