ホリブログ

現役医学生によるガジェットレビュー!

MENU
【2022最新】厳選。iPadのおすすめアクセサリ33選
【2022】厳選。Macのおすすめアクセサリ28選
【2022最新】【大学生が解説】大学生におすすめのMacはどれ?各機種を比較!
【2022最新】【大学生が解説】大学生向け。パソコンのOS、CPU、メモリ、ストレージの選び方を解説

大学生が解説。M1 MacBook AirとSurface Pro 8、大学生におすすめなのはどっち?【スペック比較】

f:id:horifreedom:20220615074101j:image

大学に入学するにあたって、新しいPCを買うことを検討されている方は多いと思います。

今回は、大学生に非常に人気のある2つのモデル、「M1 MacBook Air」と「Surface Pro 8」を徹底比較したいと思います!

 

 

M2 MacBook AirとSurface Pro 9の比較記事を見たい方はこちらをどうぞ!

 

 

 

 

 

1.デザイン

f:id:horifreedom:20220317175105p:plain

大学生にとってはPCのデザインはとても重要です。M1 MacBook AirとSurface Pro 8はどちらも洗練されたデザインで、大学生の中でも圧倒的な人気を誇っています。

 

 

まずはM1 MacBook Airのデザインを見てみましょう。

f:id:horifreedom:20220317201537g:plain

外観は非常にスタイリッシュ。極上の操作感を楽しめる大きなトラックパッドを搭載。カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色から選択することができます。重量は1.29kg。

ディスプレイは13.3インチ(2,560×1,600)。リフレッシュレートは60Hz。ただしタッチは非対応。フロントカメラを備えています。

 

 

次にSurface Pro 8のデザインを見てみましょう。

f:id:horifreedom:20220317201700g:plain

Surface Pro 8は非常にユニークで、なんとキーボードを分離してタブレットとして使用することができます。さらに、専用の「Surface Slim Pen 2」で手書きメモを書き込むことができます。ペンはキーボードの中にしまって充電できる仕組み。角度調整は本体についている「キックスタンド」で調整します。カラーはプラチナとグラファイトの2カラー。重量は本体が891g、キーボードが281g、ペンが13g。合計約1.19kg。M1 MacBook Airよりも100gほど軽量です。

ディスプレイは13インチ(2,880×1,920)。リフレッシュレートは最大120Hzで、M1 MacBook Airより2倍画面がヌルヌル動きます。さらにタッチ操作にも対応。フロントカメラとリアカメラの両方を備えています。

 

 

比較するとこんな感じ。

f:id:horifreedom:20220317184925p:plain

 

 

2.OS

 

比較する上で一番重要なのがOSです。

 

f:id:horifreedom:20220317202035p:plain

MacBook Airは「Mac OS」と呼ばれるApple限定のOSを搭載しています。

Mac OSは、Windowsと比べて使えるソフトウェアやプレイできるPCゲームが少ないのが欠点です。例えば、PCゲームの定番プラットフォームである「Steam」では、Macに対応したゲームはほとんどありません。大学によっては、Macで動作しないソフトウェアも多くあるでしょう。(詳しくは大学に問い合わせてみてください。)

ただし、Mac OS独自のメリットもあります。Mac OSは、iPhoneやiPadからワンタップで写真や動画などのファイルをMacに転送できる「Air Drop」や、MacとiPadでキーボードとマウスを共有してシームレスに使用することができる「Universal control」など、Apple製品の間で使用できる強力な連携機能を備えています。

 

Windows 11 bloom

Surface Pro 8は「Windows」と呼ばれるMicrosoftのOSを搭載しています。

Windowsは極めて多くのPCに搭載されている標準的なOSであり、Mac OSのようにソフトウェアが使えないといった問題はほぼ間違いなく起こりません。「Steam」でも、Windowsに対応していないゲームは見たことがありません。

ただし、iPhoneやiPadとデータのやり取りを行うときには、どうしてもMac OSより操作が煩雑になってしまいます。

 

OSの話のまとめ

f:id:horifreedom:20220317185716p:plain

Mac OSは使えるソフトウェアが少ないが、iPhoneやiPadとの強力な連携機能を持っている。

Windowsは標準的なOSであり、専門的なソフトウェアでもPCゲームでもなんでもできる。

自分の好みに合わせてどちらか好きなものを選びましょう。

 

 

3.チップ

 

次は搭載しているチップについて説明します。

 

f:id:horifreedom:20220317191306p:plain

M1 MacBook AirはCPU(演算処理)、GPU(グラフィック処理)、Neural Engine(機械学習)、メモリなどのパーツをひとつのチップに収めた「M1」チップを採用しています。様々なパーツを一つのチップに統合することにより、4K動画編集でも難なくこなせるほどの高い処理性能と一日中バッテリーが持つほどの低消費電力を実現しています。ただし、「M1」チップを搭載したMacの場合、以前のintelチップを搭載したMacで動作していたソフトウェアが動作しない場合があるので注意が必要です。詳しくは大学に問い合わせてみてください。

 

f:id:horifreedom:20220317191501p:plain

Surface Pro 8はintel「core」シリーズのチップを搭載しています。Surface Pro 8に搭載されているintel「core」シリーズは、最新世代の第12世代です。「intel Iris Xe Graphics」というGPUを内蔵しており、旧世代のチップより大幅なグラフィック性能の向上を見込めます。チップは用途に応じて2つから選択することができます。Office(Word、Excelなど)はもちろん、比較的軽めのゲームや動画鑑賞も快適にこなせる「core i5」、重い動画編集作業を行うことができる「core i7」から選択することができます。ただし「core i7」は「core i5」より価格が高く設定されています。

 

f:id:horifreedom:20220317191020p:plain

具体的なパフォーマンスを比較しましょう。こちらはGeek Bench 5で計測したベンチマークです。

M1 MacBook Airは13万円台から購入できるのにも関わらず、Surface Pro 8に余裕で勝っています。

スペックの面ではMacBook Airは非常に優秀ですね。

 

 

4.メモリ、ストレージ

 

f:id:horifreedom:20220317192505p:plain

まずはメモリについてです。メモリは簡単に言うと作業机のようなもので、これが大きければ大きいほど同時にできる作業量が多くなります。

8GBは動画鑑賞やOfficeなど基本的な作業なら快適に行うことができます。16GBは重めのゲームや動画編集を快適に行いたい人向けです。32GBはさらに多くの重い作業を同時に行いたい人向け。大学生であれば8GBでも十分ですが、不安であれば16GBにするのもよいでしょう。

MacBook Airでは8GBまたは16GBのメモリが用意されています。

Surface Pro 8では8GB、16GB、そして32GBのメモリが用意されています。

 

f:id:horifreedom:20220317192622p:plain

次にストレージについてです。ストレージは簡単に言うと記憶装置のことで、これが大きければ大きいほど貯蔵できるデータ量が多くなります。基本的に大学生の場合は256GB以上あれば十分です。MacBook AirとSurface Pro 8はどちらも高速なデータ移動を可能にするSSDというストレージを採用しています。

MacBook Airでは256GBから2TBまで用意されています。

Surface Pro 8では128GBから1TBまで用意されています。このうち、128GB、256GBモデルでは後から取り外して別のSSDに換装することが可能です。

 

 

5.拡張性

 

f:id:horifreedom:20220317193141p:plain

M1 MacBook Airは2つのThunderbolt 3ポート(Type-C)と1つのヘッドフォンジャックを備えています。公式情報ではモニター出力は一つまで。

Surface Pro 8は2つのThunderbolt 4ポートと1つのヘッドフォンジャック、Surfaceドックの接続やSurfaceの充電に使用するSurface Connectポート、Surfaceタイプカバーを接続するためのSurfaceタイプカバーポートを備えています。公式情報ではモニター出力は2つまで。

拡張性の面ではSurface Pro 8のほうが勝っていますね。

 

 

6.バッテリー駆動時間

 

f:id:horifreedom:20220317193427p:plain

次にバッテリー駆動時間をみてみましょう。

M1 MacBook Airは公式情報で「最大18時間駆動するバッテリー」とされています。

Surface Pro 8は公式情報で「通常のデバイス使用方法で最大16時間」とされています。

MacBook Airのほうが2時間多いですが、どちらのモデルであっても一日中使うことはできるでしょう。

 

 

7.価格

 

 

f:id:horifreedom:20220615071150j:image

こちらはM1 MacBook AirとSurface Pro 8の価格表(税込)です。

コストパフォーマンスの面ではMacBook Airのほうが上です。MacBook Airは13万円台から購入できるのにも関わらず、処理能力(3.チップで解説しました)ではキーボードとペンを除いた本体だけで約14万円以上するSurface Pro 8にも追随を許しません。

Surface Pro 8はキーボードとペンが別売りになっていて、キーボードとペンのセットモデルは33,660円します。本体と合わせれば約17万円以上。高い。

ただし、Surface Pro 8には「Office Home and Buisiness 2021」が付属でついてくるので、その分お得です。(別途、Officeを買おうとすると38,000円くらいします。)

Surface Pro 8も「PCとタブレット2役」と考えれば安いですね。

 

 

 

 

結論:おすすめなのはSurface Pro 8

 

f:id:horifreedom:20220317200745p:plain

結論としては、初めてPCを買う大学生にはSurface Pro 8がおすすめです。

低価格ながらハイスペックなマシンであるM1 MacBook Airも魅力的ですが、汎用性などから考えると、多くの企業に採用されている標準OSであるWindowsを搭載し、タブレットとしても使えてペンで書き込めるSurface Pro 8のほうが、初めてPCを購入する大学生にはおすすめできます。「大学の専門的なソフトウェアが使えない・・・」なんてことにもなりません。

ただし、既にWindowsノートパソコンを持っていて2台目のPCを探している人や、低価格でも高性能、高品質なノートパソコンを求めている人、Windowsにしか提供されていないソフトウェアを使用する必要がない人、そしてiPhoneやiPadとの強力な連携機能が欲しい人には、M1 MacBook Airのほうがおすすめできます。

 

どちらも人気のある高品質なPCなので、自分の好みに合わせて好きなほうを選びましょう。

 

パソコン選びの参考になれば幸いです!これで失礼します。

 

 

購入リンクはこちら。

 

M1 MacBook Air

f:id:horifreedom:20220615072911j:image

Amazon:https://amzn.to/39snQlR

楽天:https://a.r10.to/hUhctu

 

 

Surface Pro 8

f:id:horifreedom:20220615072917j:image

Amazon:https://amzn.to/3mLnl9y

楽天:https://a.r10.to/hu8KCV

 

 

関連記事