ホリブログ

現役医学生によるガジェットレビュー!

MENU
【2022最新】厳選。iPadのおすすめアクセサリ33選
【2022】厳選。Macのおすすめアクセサリ28選
【2022最新】【大学生が解説】大学生におすすめのMacはどれ?各機種を比較!
【2022最新】【大学生が解説】大学生向け。パソコンのOS、CPU、メモリ、ストレージの選び方を解説

【2022】現役大学生が解説。大学生におすすめのSurfaceはどれ? 【選び方も解説】

f:id:horifreedom:20220324104729j:plain

大学の授業のためにSurfaceを購入したいけど、どれが自分に合っているのかわからない・・・

そんな方に、現役大学生(理系、医学部)である筆者が、大学生におすすめのSurfaceをランキング形式で5つ紹介します!

紹介するのは、Surface Go 3、Surface Laptop Go 2、Surface Laptop 4、Surface Laptop Studio、Surface Pro 8の5機種です。

 

 

 

 

ポイント①:デザイン、機能

Surfaceを選ぶポイントで最重要となるのがデザイン、機能です。

f:id:horifreedom:20220623072025j:image

Laptop Go 2は専用ペンを使うことができません。手書きメモを書き込む必要がない人におすすめです。

Go 3、Pro 8はキーボードを切り離してタブレットとして使うことができます。講義資料に手書きメモをたくさん書き込みたい人におすすめです。

Laptop 4、Laptop Studioはペンが使えますが、キーボード部分を切り離すことができません。基本的にパソコンとして使うけど、たまに手書きメモを書き込みたい人におすすめです。

 

Go 3、Pro 8、Laptop 4、Laptop Studioは使える専用ペンにも違いがあります。

Go 3、Laptop 4は以前から発売されているSurface Penを使うことができます。Surface Penは4096段階の筆圧感知機能、傾き検知機能、2つのボタン、後部の消しゴム機能など、一通りの機能を搭載しています。Go 3はSurface Penを本体側面に磁石でくっつけることができます。Surface Penはいろんなカラーから選べます。

Pro 8、Laptop StudioはSurface Penに加え、新発売のSurface Slim Pen 2を使用することができます。Surface Slim Pen 2はSurface Penの機能に加え、書き込むときに「ブルブルッ」とふるえ、実際に紙に書いているような感覚を味わえる振動機能が付いています。さらに、Pro 8、laptop Studioに収納することができ、収納するとワイヤレス充電を行うことができます。Surface Slim Pen 2はブラックのみです。

 

 

ポイント②:画面サイズ、重量

f:id:horifreedom:20220623072539j:image

Laptop Go 2、Go 3は持ち運びしやすいですが、その分ディスプレイサイズは小さめです。

Pro 8、Laptop 4(13.5インチ)は持ち運びやすさと画面の大きさのバランスをうまく両立させています。

Laptop 4(15インチ)、Laptop Studioは持ち運ぶには多少重いですが、大きい画面で作業することができます。

Pro 8、Laptop Studioは120Hzリフレッシュレートに対応しているので、他のSurfaceより2倍画面がなめらかに動きます。

 

 

ポイント③:スペック

f:id:horifreedom:20220623072552j:image

パソコンを選ぶうえで一番重要なのがスペックでしょう。

Go 3、Laptop Go 2はレポート作成、動画鑑賞など軽めの作業におすすめです。

Pro 8、Laptop 4はOfficeなど基本的な作業に加え、軽い動画編集作業も行うことができます。比較的軽めのゲームもプレイ可能。

Laptop Studioは重い動画編集作業やCG作成、比較的重めのゲームをプレイするなど、処理が重い作業をしたい方向け。

 

適切なスペックの選び方がわからない!という方は、こちらの大学生向けのスペックの選び方について解説した記事がありますので読んでみてください。

 

 

ポイント④:価格

f:id:horifreedom:20220623072627j:image

こちらは公式オンラインストアでの価格(税込)です。

Go 3、Laptop Go 2は価格が抑えめ。リーズナブルなSurfaceを求めている人にはおすすめです。

Pro 8、Laptop 4は本体価格が約15万円から。この価格帯のPCを購入する大学生は多いです。価格とスペックのバランスをとっているモデルが欲しい人におすすめ。

Laptop Studioは性能が高いぶん、価格はお高めです。動画編集やゲームなど重い作業を快適にしたい大学生におすすめ。

Surface専用のペンは別売なので、そのぶんお金がかかることに注意。Go 3、Pro 8はキーボードも別途購入する必要があります。

 

 

おすすめのSurfaceをランキング形式で紹介!

それでは各機種の違いを紹介したので、大学生におすすめのSurfaceをランキング形式で紹介します!

 

第5位:Surface Go 3

f:id:horifreedom:20220323220049j:plain

サブPCにおすすめ。

Surfaceの中で一番小さいタブレットPC。持ち運びしやすさはバツグン。Surface Penも使用することができる。ただしスペックは他の機種に比べると低めなので、レポート作成や動画鑑賞、ノート作成など軽めの作業におすすめ。キーボードも普通のキーボードより小さめ。すでにメインPCを所持していて小さめのPCを求めている人向け。

https://amzn.to/3txlSrC

 

 

第4位:Surface Laptop Studio

f:id:horifreedom:20220323220109j:plain

ハイエンドSurface。

Surfaceの中で一番スペックが高いPC。

core i7モデルは内蔵GPUではなくGeForce RTX 3050 Ti laptop GPUを搭載し、グラフィック処理能力を強化。動画編集はもちろん、重めのゲームもプレイすることができる。ディスプレイ部分を引き出してまるでタブレットのように使用することができる。ただし画面とキーボードを分離することはできない。Surface Slim Pen 2を本体の下にくっつけて収納してワイヤレス充電できる。重い作業をしたい方向けのモデル。

https://amzn.to/3Nfqies

 

 

第3位:Surface Laptop Go 2

f:id:horifreedom:20220323220130j:plain

コスパ最強のSurface。

画面はタッチ対応。Officeも付属。指紋認証を搭載。デザインもスタイリッシュ。これだけそろっていてお値段も96,580円からと比較的リーズナブル。Officeや動画鑑賞など軽めの作業しかしない人、ペンを使用する必要はない人、安くてもかっこいいPCが欲しい人向け。僕の大学ではLaptop 4の次に人気です。

https://amzn.to/3tzrilL

 

 

第2位:Surface Laptop 4

f:id:horifreedom:20220323220143j:plain

美しきラップトップ。

タッチ機能に加えて、Surface Penも使用することができる。ただしキーボード部分は分離することができない。Officeなど基本作業に加え、軽めの動画編集や軽めのゲームもすることができる。デザインは本当に美しい。いろんなカラーから選択することができる。画面サイズも13.5/15インチから選択可能。とにかく美しいラップトップを求めているならこれ。僕の大学ではPro 8の次に人気なモデルです。

https://amzn.to/3JDNl0b

 

 

第1位:Surface Pro 8

f:id:horifreedom:20220323220246j:plain

大学生に一番おすすめのSurface。

タブレットPCの金字塔。旧世代(Surface Pro 7)ベゼル(画面の黒いふちの部分)が細いのでスリムな印象。128/256GBストレージモデルはあとから別のSSDに換装することができるので容量が足りなくなった時も安心。Surface Slim Pen 2はキーボード部分に収納してワイヤレス充電できる。レポート作成のほか、講義資料にたくさん手書きメモを書き込みたい人におすすめ。僕の大学ではSurfaceを使っているほとんどの人がSurface Proです。

https://amzn.to/36GPKsG

 

 

Surface選びの参考になれば幸いです!これで失礼します。

 

 

関連記事